セフレ探しが加速する圧倒的人気サイトとは

セフレを探すなら出会い系サイトで探すのがおすすめ。しかしそのサイト選びには注意する必要がある。
出会い系サイトの中には怪しい不正サイトも多い。たとえばサクラを利用しているとか。

サクラってのは、運営側が雇ったバイト(メールオペレーター)が主に女性会員のフリをして、男性会員とメールを続ける行為だ。男性はメールを送るたびに有料ポイントを消費するので、メールの回数が増えれば増えるほど運営側は儲かるという図式。

メールオペレーターというのは、大学生やフリーターがバイトでやってることが多い。女性もいるかもしれないけど、男子がほとんどだと思う。実際、僕の知り合いもやってる奴が何人かいたね。

サクラとメールしてると、とにかくメールが続くし盛り上がる。こっちの質問にも答えてくれるし、向こうからもどんどん質問が来る。色々と自分語りを始めると、なんだか気持ちよくなってくるのも事実w

だが、会おうと誘っても絶対に会えない。今は彼氏と別れたばかりで会いたくないとか、体調が悪いとか色んな理由をつけられて、永遠に会うことはできない。そりゃそうだよね、サクラなんだからw

よって、サクラがいないサイトを選ぶってのが重要。選び方としては簡単で、大手サイトを使えば良い。大手サイトはサクラなんか使わず、雑誌広告・街頭広告などを利用して大々的に広告展開。年間で億単位の広告予算を投じて、一気に数十万人規模の女性会員を集めることができる。だからサクラなんか雇う必要が無い。そもそも、サクラをやるには人数に限界があるしね。

弱小サイトは、大手サイトのように多額の広告費をかけることができない。だからサクラ手法に堕ちてしまいがち。サクラを使えば、バイトへの人件費はコストになるけども、男性のポイント消費による売上が見込めるから、派手さはないけど地味に儲かる。とはいえサクラの人数には限界があるから、大金が儲かるわけではない。

最近ではネットですぐに悪い口コミが広がるから、怪しいサクラサイトの寿命が短くなっている。悪評が多くなったらサイト名を変えて検索避けするなど姑息な手段を使っているみたいだね。

大手サイトはここに紹介してる。中でもPCMAXは絶対に登録すべきサイト。10年以上の歴史がある老舗出会いサイトで、マジメな出会い・エッチな出会いを求めた多くの男女が登録してる。エッチ率のほうが高いかなw

PCMAXで毎月2〜3人のセフレを新規で作れてる。地域別の掲示板見て、良さそうな子10人にメール。したら少なくとも1〜2人とはサシ飲みまで持っていける。なんだかんだ、10人にコンタクトして1人とは確実にセックスできてるね。

その後もセフレ関係がつづく子もいるし、一回だけの子もいる。もう半年以上つづている子が今4人。

セフレの作り方として、大手の出会い系サイトを利用する以外に無いと思うね。これが最高。

参考ページ セックスフレンド

先日バーで知り合ったオジサンは、上場企業の役員さんだ。
見た目は舘ひろしのようなとにかくダンディーな雰囲気。仕事も出来てオーラもあってモテるだろうなという感じ。

たまたま隣の席に座ってたものだから、声をかけたら意気投合してそのまま朝3時まで飲んでいた。
日付をまたぐぐらいから、オジサンのトークがどんどん加速していき、自然と猥談に。

僕もセフレが今何人いるんですよ、とか、こういう場所でHしたんですよみたいな話をしたら、
オジサンも負けじと愛人の話をしてくれた。毎月ポンとお小遣いを渡してるらしいね。

オジサンと言っても見た目も若いし情報感度も高い人だから、愛人探しにもネットを活用してるとのこと。
おすすめの愛人募集掲示板を紹介してもらった。

今は愛人もネットで探す時代なんですね。すごい時代になったもんだ。

さて、閑話休題。

喧嘩をしたら待つな!女性は男性からのアプローチを待っている!

女性を尊重するのが、女心をつかむ最短距離。では、どうしたら尊重したことになるのか?初心な男性は、女性が待っていることを見抜けず、押すべきところで引いてしまいます。その最たる場面が喧嘩。

彼女と喧嘩してしまったという時、理由がはっきりしているなら、けっこう事は簡単です。自分が悪かったと思ったら、「ごめん」と詫びれば済む事です。そうした時に、「男の面子がある!」などと片意地を張っていては、破局にまっしぐら。普段おとなしい感じの彼女ほど、そうした時にあっさりと別れてしまいがちです。「大人しい子だから、少々強く出てもいいかな?」などというのは、女を知らない愚行です。内気な女性ほど、芯が強いもの。「自分が悪いのに謝りもしない。つまらない男だったわけね。イ~ラナイ!」となるものです。

悪かったと思ったら、あっさりと詫びる。そうしたつもりでも、困るのが、どうして彼女が怒ったのかが分からない時。機嫌を害したのは分かるものの、自分の何がまずかったのかが分からない事というのはあるものです。そうした状況になるというのは、浅い付き合いから一歩前進した証拠。互いの価値観が衝突する段階に至ったという証です。

肝心なのは、こういう喧嘩。その時、いたずらに彼女の出方を待っていてはダメです。価値観の違いに気づいてプリッとする彼女は、けっこう気位が高い女性。自分からはなかなか歩み寄ってくれません。しかし、男性が来てくれるのを待っているのです。その微妙なところを読めるかが、恋愛を成就できるかどうかの分かれ道。

「どうして怒っているの?何が悪かったのか、言ってくれよ!」とストレートに尋ねるのが、ベスト。カッコつけはしないこと。直球勝負で迫るのが、最も効果的です。なまじいオブラートに包もうとすると、彼女はかえってこじれます。拗ねてしまって本心を明かしません。そして、結局、破局を迎えます。堂々と単刀直入に尋ねること。その誠意が彼女のハートを熱くします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>