女性(セフレ)を口説くためのジョークの使い方・コツ

私が女性(セフレ)を口説くために、心掛けていることはいくつかあります。一つ目は、楽しい雰囲気を醸し出すことです。例えば、コンパなどで気に入った女性がいたならば、私はジョークを言ったりと場を和ませようと心掛けています。その時に大事なのは、面白さではなく勢いだと思います。

また、ジョークは女性が嫌がらない内容だったら、なんでもOKだと思います。そして、なぜこのように面白い雰囲気が大事かというと、心をほぐすために大事だからです。また、ジョークなどで女性が笑ってくれると、こちらも心がほぐれるので、一気に距離が縮まるのも良いところです。そのため、コンパにしろナンパにしろ、デートにしろ大事なのは初めて会うときに、なんでもよいので冗談やジョークを行ってみることです。

そして、次に女性を口説くときに大事なのは、声を張って話すことだと思います。これは、上記の楽しい雰囲気を作ること、と似ているかもしれません。特に、女性が異性に求めるものといえば、面白さやトークの上手さなどですが、もう一つ頼りがいというものがあります。そのため、声を張り上げてはきはきと堂々とするのは、女性を口説くにあたって大切だったりもします。

事実、頼りがいがなく声が小さい男性は、女性受けがあまりよくないので、腹の底から声を出して女性と会話をすることは、とても大切なことだと思います。それから最後に挙げる女性を口説く際に大事なことは、外見です。これは、別に顔がかっこいいとか、身長が高いとかそういう意味ではありません。

事実、イケメンや高身長の人は女性を口説く際には、有利かもしれませんがそれはすべてではありません。そして、ここでいう外見とは最低限の服装や、エチケットのことです。例えば、汗だらだらのTシャツや汚れたジーンズなどで、コンパに参加をしたら女性からはブーイングの嵐だと思いまう。

そのため、ファストファッションブランドの安物でもよいので、きれいな洋服を着るべきです。また、口臭対策なども注意をすれば、女性を口説くときはうまく行くと思います。

最近の若者の恋愛離れ、結婚離れ

【自称モテない男さんからの投稿】

えーと、女にモテない男です、でも、女にモテたい男でも有ります。 結婚できない男です、 でも、結婚したい男です。 
最近の世の中どうなってんだか・・?、俺ぐらいの男だったら恋愛の一つも出来そうだし、もう既に結婚していて、子供の2,3人もいてもいい年頃なのに。 でも、此れは世の中のせいではないですね、己自身の問題かもしれないのです。 
一寸、悲しいがいい年をして、婚活中の男の愚痴であり、か弱い草食系の男の希望でも有ります。 それにしても、女って、どうすりゃいいんだろう・・?。

実を言う俺もそうですが、最近では都会にしろ、田舎にしろ男も女も含めて、結婚に対する年齢の高齢化、晩婚化が進んでいると言います。 俺も同様だが、そういえば男も女も最近は恋愛が苦手だという若者も増えていると言い、別に結婚しなくてもいいじゃん・・!、等として、おまけにどう云うわけか同性婚なんて言うのが、まかり通っているようです。 

冗談じゃないよ・・!、男と女が皆んな仲よく恋愛して、そして、みんな仲良くなって結婚してしまって、その中でアプレてしまった男、もしくは女達が有り余ってしまったら、仕方なく同性婚というならいざ知らず、現実は全く逆で、男も女も実は、内心は結婚したくて仕様がないんじゃないの。 つまり、異性同士だと何となく緊張感があるし、照れもあるし、度胸もいるし、そして、何れは男と女の関係を結ばなくてはならない。 

こんなのは、実は面倒だ・・! でも、同棲だったら此のような面倒くさいことが無いから、気楽で同棲恋愛や、同棲結婚ができる・・?、やっぱ、世の中おかしいのかな、俺の考えが変なのかな、人間というか、最近の若いものは動物的闘争心、女を奪うための動物的な強靭な強さは何処へいってしまったのだ。

悔しいな、悔しいよ、 そう言う俺も此の中の一人であり、此の若者、中年近い若者、独身だから若者の中の一員だもんな。
でも、俺は未だ諦めないよ、俺は絶対に素敵な女性を見つけるぞ、かわいい女をゲットするぞ・・!。

出会いが無いから彼女・セフレができないのか?言い訳になっていないか?

「彼女が欲しい、セフレが欲しい」
心の中でそんな風にボヤいていませんか?
だったらその願望、現実のものに変えてみましょう!

【出会いがないから彼女が出来ない!】
彼女が出来ない理由として、出会いがないと言う方も多いでしょう。

本当に貴方の周りには女性がいませんか?
学校や職場、習い事等々、貴方の周りには同性しかいないんですか?

稀に周囲に女性がまったくいないケースもありますが、ほとんどの場合は身近に数人は女性がいますよね。例えその女性が好みではなくても、女性の友達には貴方のタイプの女性がいるかもしれません。
飲み会だと人数合わせなど面倒ですが、大人数で楽しむようなイベントであればハードルは低くなります。彼女が欲しい雰囲気など出さずに「誰か友達連れてきて」とでも声をかけてみてください。
例え連れてきた友達がタイプでなくても、その子と仲良くなっておけば新たな出会いのチャンスが広がって行きますよ。

もしも女性がまったくいないのであれば、周囲の友達に「彼女欲しい」とボヤいてみてください。ひょっとしたら飲み会に誘ってもらえるかもしれません。そんなラッキーが期待できないのであれば、SNSで女性を探してみてはいかがでしょうか。
SNSで出会った女性と実際に会いたい場合は「今度の休みにランチ行こ」と気軽に誘ってみてください。「会いたい」「顔がみたい」などと言うと警戒する女性が多いので、下心が見えないように誘い出すことが肝心。女性に「暇だし会ってもいいかな」と思わせればこっちのものです。

【会話が続かないから進展しない!】
せっかく女性と出会っても、互いに会話を楽しめなければ進展しませんよね。

貴方は自分の話ばかりをしていませんか?
楽しそうだなと思わせるような提案、出来ていますか?

喋ろう喋ろうと意気込むと、ついつい自分の話ばかりをしてしまいがちです。お喋りのスキルが女性よりも低い男性は、口を開けば開くほど損をするケースが……。とはいえ、喋らない男性は嫌われてしまいます。だから大切なことは、いかに相手に喋らせるかなのです。
喋る内容は天気や趣味、休日の過ごし方でも何でもいいんです。重要なことは自分の話を最初に少しだけして、後は相手に委ねることです。適当に相槌を打ちつつ、相手の趣向を探ってください。それさえ分かれば、次に会う約束を取りやすくなります。楽しそうな誘いであれば、相手の女性も次の約束に応じてくれるでしょう。

【振られるの嫌だし、告白無理!】
デートを重ねて手応えがなかったとしても、貴方が付き合いたいと思える女性なら「付き合おう」と言ってしまいましょう。
言わないことが一番損です。
例え振られても、友達として交流を継続して振り向かせる努力をすればいいだけです。振られもせずに期待を膨らませている時間を持つことの方がもったいないのです。
もちろん振られた以上、他に素敵な女性がいないか探すことも大切です。貴方が他の女性を探している姿に、振った相手が「惜しいことをした」と思うパターンも。何がどう転ぶか分からない状況では、前進あるのみです。

ボヤくだけでは彼女は出来ません。
最低限の努力、そして振られても凹まない精神が大切です。
ガツガツしすぎず、人との交流を増やしたいというスタンスで彼女を探せばいつかきっと、素敵な女性と巡り合えることでしょう。

お酒の力を使えば勢いで口説ける

異性と出会うためには様々なシチュエーションがあるので把握しておくと便利です。常にそういったシチュエーションを狙うというのではなく自然な感じが最も良いです。できるなら予想していない場面で女性と出会えると面白くなります。

一般的に女性と出会うのは飲み会や学校の中などが多いです。若い時は出会いの場が学校ですが大人になるとそれが会社となります。会社では多くの人と出会うので当然のように女性もそこに含まれます。しかし実際に恋愛になるのかは未知数な部分があります。
やはり現代人は飲み会や友人の紹介で女性を見つけています。これらは最も良い方法で簡単に女性を口説ける場所です。特にお酒があると積極的になれて大胆な行動もできます。その勢いで恋愛になることもあるので見逃せない場所です。

私も恋愛の出会いは特に飲み会や紹介が多いと思っています。体験した感じでも飲み会は恋愛目的で人が集まっている雰囲気があります。私はその中で上手く話しを作って女性を何度も口説きました。お酒の力を使えば勢いで口説けるのでチャンスが多いのもあります。
飲み会や友人の紹介で女性と出会うとその後の展開も気になります。私は遊びといった感じで女性と付き合っていたので結婚の意識はなかったのです。しかし女性はそういった部分を意識して価値観の違いが出ることがあります。この問題は事前に確認すれば良いので口説く時にチェックするのが前提です。
過去を振り返ると色々な女性と話をしたと思っています。出会いは色々な場所で偶然ということは少なかったです。やはりイベントやパーティーのような出会いを求める場所だと恋愛にもなりやすいです。普段から恋愛を意識している女性は少ないので時と場所の設定が重要です。もちろん口説く際にもその意識を持っていた方が成功します。

私は女性との出会いが計画的なものでいきなりは訪れないと感じます。男性はできるだけ女性を誘うシチュエーションを用意して上手く行動するべきなのです。

まあ、一番はやいのは出会い系サイトなんですがね。彼女もセフレも作り放題です。